シール  ラベル 名刺

最終更新日:2014/10/1

ラベルの見方情報(ミネラルウォーター編)

ラベルの見方についての情報、ミネラルウォーター編をご覧下さい♪

ミネラルウォーターは最近よく話題となっていますよね。そのラベルをじっくりと見たことがありますか??ラベルには、ミネラルウォーターに関する様々な情報が記載されているんです!ぜひ、正しい見方を見につけて、ミネラルウォーターを購入の際に役立てて下さい♪

●ミネラルウォーターのラベル

ミネラルウォーターのラベルは『ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン』に基づいてラベルに情報が記載されています。ラベルの例は以下のようになります。

■名称:ミネラルウォーター
■原材料名:水(鉱泉水)
■採水地:○○水源
■原産国:スイス
■殺菌方法:無殺菌
■賞味期限:ボトル上部に記載
■栄養成分表示(100mlあたり):
 ナトリウム・・・○.○mg
 カルシウム・・・○.○mg
 マグネシウム・・○.○mg
■硬度:○○mg/リットル(軟水)
■ph:9(弱アルカリ性)

上記のように、ミネラルウォーターのラベルには似たような記載があると思います。それぞれには意味することがあります。まず、名称ですが、その商品の名前または種類を知ることができます。ミネラルウォーターの場合は、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーターなどがあります。

次に、原材料名ですが、これは、水の種類を見るものです。鉱水なのか、鉱泉水なのか、温泉水、湧き水、井戸水などさまざまな水の種類があります。そのうちのどれかなのかを示しています。

採水地は、もちろんどこで採水されたのかが記されています。そして、原産国では、どこの国の水なのかを知ることができます。ミネラルウォーターの場合はほとんどが外国の名前が記載されていると思います。

そして、殺菌方法で、殺菌がされているかをチェックします。ヨーロッパのミネラルウォーターは殺菌されていない物が多いので、この項目には、無殺菌と記されているはずです。殺菌方法には「加熱殺菌」「オゾン殺菌」「紫外線殺菌」などがあります。

賞味期限では、どのくらい持つのかを記していますが、これは未開封のままで持つ期間ですから、一度開封したものは、品質を保持することはできませんのでご注意下さい。一度開封したらなるべくはやめに飲み干しましょう。

栄養成分ですが、ここには、その商品に含まれているミネラル成分とその分量が記されています。ミネラルウォーターでは、一般的に「ナトリウム」「カルシウム」「マグネシウム」の量がよく表示されています。摂取したい成分がある場合は、コチラでチェックすることができます。

硬度とph値ですが、これらは飲みやすさと、酸性・アルカリ性かどうかを知るものです。硬度は「軟水」「中硬水」「硬水」があり、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの比率が記載されています。数値が小さいほど飲みやすく軟水とされ、一般的に数値が大きいほどミネラルが豊富で、硬水とされています。硬度100mg以下は軟水です。軟水は日本料理に適していて、お米などもふっくらと炊きあげることができます。硬度100~300mgは中硬水です。中硬水は煮物や鍋などに向いていると言われています。そして、硬度300mg以上の硬水はミネラル補給や、カルシウム補給に最適で、便秘解消やダイエットに良いとされています。

ラベル

このようにラベルは、小さいながらも、様々な情報が記載されています。今まで見落としがちだったラベルですが、商品や製品を手にする際は、まずこのラベルに注目してみましょう。ラベルからはいろいろな情報が読みとれますよ♪

check

表札の取り付けなら
http://www.hyousatuya.com/torituke.html

最終更新日:2017/4/20

BACK page
ホーム ご感想 リンク集
copyright(c)2008. シール・ラベル・名刺. all rights reserved.