シール  ラベル 名刺

Last update:2014/10/1

名刺マナー情報

名刺のマナーについての情報をご覧下さい♪

当たり前のようで知らない名刺交換マナー。 名刺交換のマナー知ってて損することはありませんよ!もし、間違っているなら早めに正しましょう!!名刺交換は営業マンの命!これはおおげさかもしれませんが、一枚の小さな紙が人脈に繋がることは確かです。しっかりと正しいマナーを身につけておきましょう。

●名刺交換のマナー

まずは、名刺は名刺入れにしっかりと入れておきましょう。財布や定期入れに入れていると、なんだか名刺を粗末に扱っているように見えてもおかしくありません。また、枚数の確認を忘れずに行いましょう。そして、すぐに出せるよう、常に上着のポケットや鞄に忍ばせておきましょう。そして、汚れている物は決して使わないことです!まずははじめが肝心ですから、準備はしっかりとしておきましょう。

つぎに、さっそく名刺交換です。まずは、自分から先に名乗り、挨拶を行うのが鉄則です。その際、上司と一緒であれば、上司に続いて挨拶、名刺交換を行いましょう。緊張してしまって、早めに終えようと焦ることがありますが、大事なファーストインプレッションです。しっかりと丁寧に、名刺を渡し、挨拶を行いましょう。名刺交換は、立って行うのがマナーです。座って待っていた場合は、立ち上がってテーブルの横に出てから挨拶をしましょう。名刺の向きは、あたりまえですが相手が読めるよう向けることが基本です。そして両手で渡し、両手でしっかりと受け取りましょう!名刺は相手にとっても大事なものですから、「頂戴します」という心で大切に受け取りましょう。

名刺を頂いた後は、すぐにしまうのではなく、一度目を通し名前や読みにくい漢字がある場合は確認しておくことが大切です。読めずに持ち帰り、次回に名前を間違ったらとても失礼にあたります!そこは注意しましょう。確認後、目の前で名刺に直接記入することはマナー違反です。持ち帰った後に忘れずに記入しておきましょう。そして、いつまでも名刺を手に持っているのではなく、商談中は名刺入れの上に置いておきましょう。これで名刺交換は終了です。

いかがでしたか?間違っている部分はありませんでした?名刺交換は大人のマナー。しっかりと正しいマナーを身につけておきましょう。また、名刺交換の時間は相手に自分を印象づける貴重な時間です。慌てず、焦らず、しっかりと自己紹介をしておきましょう。

recommend

キャノン
http://canon.jp/
BACK page
ホーム ご感想 リンク集
copyright(c)2008. シール・ラベル・名刺. all rights reserved.